全てはアンデスから...

 

最高級のコカの葉──コカレロがコカレロたる所以だ。

魅惑的な緑色のリキュールに使用されるそれは、

南米・アンデス山脈の渓谷やジャングルの奥深くで育まれる。

 

種まきは毎年12月から1月にかけて。若葉から40~60cmほどに

成長したものは「アスピ」と呼ばれ、その頃に肥沃な土壌に移植。

手間暇をかけ、収穫まで最低18カ月を経たコカの葉だけが使用される。

 

コカの葉の収穫は年3回。雨期を終えた3月に最盛期を迎え、

6月、10月にも十分な収穫が得られる。

 

新緑の葉は燦々と輝く太陽の下に寝かされ、十分に乾燥した後、蒸留所へ。

伝統的なコカの葉の栽培者を“Cocaleros”と呼ぶ。

南米のボリビアやペルーのCocalerosは、

何世紀にもわたってコカの葉を栽培してきた。

このユニークな植物と栽培者たちは6世紀頃より

当地の文化の中心を担い、

今でもアンデスを象徴する存在であり続けている。

 

ボリビア現大統領エヴォ・モラレスが最初についた職も

実はCocalerosだった。

彼はその後、コカ栽培者たちの権利のために立ち上がった。

国家元首まで上り詰めた今日に至るまで、

彼はCocalerosにとって最も重要な活動家なのである。

コカの葉の複雑な風味を生かすために、

植物からエッセンシャルオイルを抽出するために用いる

「蒸気蒸留」という特殊な製法を採用。

この過程で、コカの葉に含まれる麻薬成分は

完全に取り除かれる。

 

蒸留後はコカレロ独自のレシピで、アマゾンガラナ、

ジンセン(朝鮮人参)、ジュニパーベリー、

緑茶など、17種のボタニカルをブレンド。

 

この長い工程によって作り出された本当の味。

それがコカレロである。

肩を張り出しより重厚感を出した

ボトルデザインは、バーバックに置いても

人目を引く存在感があります。

 

プレミアム感を押し出したラベルデザイン。

 

高級感を出しつつ、中央に COCALERO の

顔デザインを入れることで、

古代より続く南米の伝統との繋がりを

強調しております。

TOP PAGE▲

*お酒は二十歳になってから。お酒はなによりも適量です。

Copyright © 2008-2015 COCALERO.JP All rights reserved.