標高3600mに位置し、世界一高い場所にある首都として有名な南米ボリビアのラパス。
中心部には通称「魔女市場」と呼ばれるマーケットが存在し、呪術などの儀式に使われる
ハーブやポーション、更には動物のミイラなど世にも奇妙な道具が数多く売られている。
この地に古くから伝わるシャーマニズムの思想が未だ根強く信仰されていることを象徴する場所だ。

ティワナク文明の末裔とされるアンデスの先住民・アイマラ族は大地母神を崇めるシャーマニズムを信仰、
”パコ”と呼ばれるシャーマン達は現代も予言や神託、悪魔祓いや病気の治療など、
現地の人々の日常における幅広い悩みに対応している。

コカレロ・ネグロを彩る南米原産の唐辛子“アヒパンカ”
パコによって行われる様々なアイマラの儀式で、棉、コカの葉、カーネーション、リャマの脂、赤ワインなどと
共に供物(メサ)として神々に捧げられる。

遥かインカの時代から続く南米におけるコカの葉の歴史

その生産を担う”コカレロ”たちにより丁寧に育てられたコカの葉は
アンデス文化において重要な役割を果たしてきた。

乾燥させたコカの葉は、石灰と一緒に噛むことで高地の環境負担を軽減する効果があるとされている。
そのためアンデスの人々は日に何度となくコカの葉を嗜好する。
その他、飢えや渇きの癒し、痛みの緩和、疲労回復などの効能に併せ、
エネルギーとスタミナをもたらす万能薬であると古代から信じられている。

山の神アプー、太陽の神インティ、そして豊穣を司る大地の神であり全てのものの母なる女神パチャママ。
アンデスの神々に捧げる供物にも当然コカの葉は欠かせない。
アンデスの万能薬は呪いや邪気から人々を守り、
幸運を予言する神聖な供物としても崇められている。

コカレロ・ネグロの刺激的なフレーバーを彩るのは、”アヒパンカ”と呼ばれる南米特産の唐辛子だ。

アイマラのシャーマン達が行う伝統的な儀式では

霊薬や供物としても用いられており、神聖なシンボルとされている。

それと同時にアンデスの食卓にはかかせないスパイスでも知られる”アヒパンカ”。

摘みたては鮮やかな赤色を放ち、一旦乾燥させるとダークレッドに変わる。

魅惑的かつ刺激的な南米の赤いスパイスがコカレロ・ネグロを彩る。

同じくアンデス原産の“ロコト・ペッパー”をはじめとするスパイスやボタニカルと共に

丁寧にブレンドされ、今までにない新感覚のリキュール「コカレロ・ネグロ」が生まれた。

魅惑的なスパイスと厳選されたボタニカルのブランド。

  • アヒパンカ・ペッパー
  • ロコト・ペッパー
  • アマゾンガラナ
  • コカの葉
  • ジュニパー
  • 生姜
  • 緑茶
  • ラベンダー

スパイシーでエキゾチックなブレンドは刺激的なシーンを創り出す。
南米特有の多種多様でユニークな味わいを象徴する 「コカレロ・ネグロ」

氷を入れたハイボール・グラスに
コカレロ・ネグロを入れる。
上からコーラを注ぐ。
レモンスライスを添えて。

ジンジャービールを
コカボム・グラスに入れ、
上からコカレロ・ネグロを
静かに注ぎ込む。
ダークなレイヤーを
楽しんで。

氷を入れたハイボール・グラスに
コカレロ・ネグロを入れる。
上からジンジャービアを注ぐ。
レモンスライスを添えて。

キンキンに冷やした
コカレロ・ネグロを
シンプルにストレートで!

コカレロ・ネグロに
ハバネロを一滴。

TOP PAGE▲

*お酒は二十歳になってから。お酒はなによりも適量です。

Copyright © 2008-2015 COCALERO.JP All rights reserved.